アイシング -love coating- 卑語的感想

 本記事は、はちみつそふとより発売の『アイシング -love coating-』のプレイ後感想を、卑語状況を交えてお届けするよ

 

 

 

 

 

 

概要

dmm

app.candysoft.jp

  • ブランド:はちみつそふと
  • 発売日:2020年3月27日
  • 価格:2,860円(FANZAダウンロード版)
  • 卑語修正:
  • 筋書:七央結日
  • 原画:綾瀬はづき
  • ヒロイン担当声優:花澤さくら
  • プレイ時間:1~2時間程度

 

 

エロ内容

 Hシーン回想枠は全9個HCGは18種類(+ピロートークでの裸CG1枚)で、基本1枠で2種類のHCGが設けられている。エロシーンの尺は普通の長さで、おおむね1枠2種類の行為が行われていた。定価2,860円の作品だと考えると、コスパ面では問題ない程度の認識。ただ、全シナリオをスキップした時の所要時間が10分強程度の長さなので、全体的に薄っぺらさを感じた

 行為の内容について、雰囲気はすべてのシーンで夫婦同士のイチャラブセックスであり、おおむね1枠内に前戯(フェラ・パイズリフェラ・愛撫・シックスナイン)+膣内挿入、あるいは膣内挿入×2が行われている。よって、本番多め・フェラ少なめ、って感じ。

 

 

グラフィック

 立ち絵・CG含め、表情が崩れていることなく安定していて、キービジュアル通りの仕上がりになっていた。広告のバナーなどから気になってプレイしようとしている人は安心していい。

 ヒロイン・秋保の服装は、外出用衣装・部屋着・仕事用のパティシエ服・パジャマの4種類で、これらの衣装はすべてエロシーンでもいずれかを着用している。

 背景も問題なし。

 

 

卑語

 全性器呼称登場回数は105回で、内訳は

  • おちんちん……50回
  • おちんぽ………14回
  • おまんこ………39回

となっている。頻度に換算しても、正直物足りなさを拭いきれないのが本音。

ここで、プレイ中の筆者の気持ちの移り変わりを詳細に話すと、エロシーン回想①~⑥の内から卑語の少なさに落胆しつつも、回想⑦で秋保のオナニーシーンで一瞬盛り上がったこれまで以上に卑語が少なく再びガッカリし、回想⑧で「おちんぽ」呼びに変わってエロ度の向上に歓喜し最後の回想⑨に大いに期待したが、「回想⑨は初エッチシーンですよw なに期待してんすかw」と嘲笑うかのように平気で卑語なしシーンで締められ悲しみに暮れる、という流れ。弄ばれた。

  性器呼称以外の卑語はほとんどないが、「おちんぽ」呼びに変わった回想⑧のシーンにて「中出し」「子作り」「孕ませて」のような孕ませ系の台詞が見られたので、強いて言えばこのシーンが1番の見どころか。

 

 

総評

 卑語量は少ないので、あくまでこの絵柄で卑語無修正・「おちんぽ」呼称アリだという期待にハードルを下げてプレイするのが得策なのでは。

 全体的にボリューム不足だし、はちみつそふとの過去作がFANZA・DLsiteで500円セールの対象となっているため、この作品もそのセールで売られるまで待つのが吉。

もっと!孕ませ!炎のおっぱい異世界超エロサキュバス学園! 卑語的感想

 本記事は、みるくふぁくとりーの最新作『もっと!孕ませ!炎のおっぱい異世界超エロサキュバス学園!』のプレイ感想を、卑語状況を交えて綴っていくよ。

先に言っておくと、この超エロサキュバス学園、個人的ベスト抜きゲーだったんで、かなり力を入れて書いていったよ。

これからプレイしようとしている人の参考になれば。

 

 

 

 目次

 

 

 

 

概要

 dmm

 

milkfactory.jp

  • ブランド:みるくふぁくとりー
  • 発売日:2021年4月30日
  • 価格:8,790円Amazon 2021年5月5日時点)
  • 卑語修正:無し
  • 筋書:川原圭人栗栖須々木鮎尾七央結日水瀬拓未結小野海吾
  • 原画:でらうえあ
  • CV:こはる凪水野七海夏樹柑菜花澤さくら綾野莉音風鈴みすず叶一華あかしゆき八ッ橋きなこ金松由花/他、主人公以外フルボイス
  • プレイ時間:10時間弱程度

 

 

ポイント

  • 過去作同様に肉感たっぷりのキャラ絵
  • 卑語ゲー史上トップクラスの卑語量
  • 過去作からのHアニメの増加

 

 

グラフィック

 原画担当は過去作に引き続きでらうえあ。相変わらず、乳もケツも肉付き良く描かれていながら、どの表情差分でも顔のパーツが崩れておらず安定していた。個人的にアヘ顔は苦手なのだが、本作のそれには全く嫌悪感を持たず、むしろ称賛を評したいくらいの出来だった。

 アニメーションについては、いつも通りメインヒロイン10人に1個ずつあるのに加え、数人のサブヒロインたちにも設けられていて、合計21個とボリュームアップ。画質も、解像度1920×1080のフルHDに対応していて非常にキレイ。

 

 

Hシーン内容

 Hシーン回想枠は計96個。内訳は、

  • (メインヒロイン10人×6枠)+(魔恋のみ専用EDありの1) : 61個
  • サブキャラ10人:15個
  • 親子でH:10個
  • 複数P:10個

となっている。

内容は99%エロで占めているため、Hシーンのボリュームはたっぷり。回想1枠の尺の長さも、絶倫チンポを持つ主人公が何度も射精するので、かなり長めな印象。ボリューム面で不満に思うことはなさそうだ。

 具体的なHシーンの内容については、膣内挿入行為をベースに、パイズリ(パイズリフェラ)が殆どのシーンで挟まっていて、キャラによってはアナルセックス授乳手コキが存在することもあった。また、主人公の持つエロ魔導書の能力によって、自身が透明人間になったり、遠隔操作でヒロインの身体をいじったりして、シチュエーションは豊富。ただ、どのヒロインも基本初っ端から快楽に溺れているため、墜ちる過程とかそんなものはない。まぁ孕ませシリーズでそんなの期待する人おらんと思うけど。

 

 

卑語

 お待ちかねの卑語状況。

 本作の性器呼称の合計登場回数は4,134回

1作品でこの量となると、歴代卑語ゲーでもあまり例を見ないほどになり、頻度も「そこそこ高い〜かなり高い」部類に入るという体感。卑語をふんだんに使用することで有名な裸足少女作品でも2,200回程度だと考えると、如何にこの総数が凄まじいか伝わるだろうか。

 

 各性器呼称の比率は以下の円グラフの通り。

f:id:origin2438:20210504223829p:plain

「おチンポ」「チンポ」「おマンコ」「マンコ」がバランス良く詰め込まれていて好印象。特に目立ったのは「マンコ」呼称の割合の高さで、「淫乱マンコ」や「おっぱいマンコ」のような修飾卑語のみならず、「マンコ」単体での採用が多く見られた(キャラによって有無はあるが)のは、なかなか珍しい。

 性器呼称の活用の仕方については、「おチンポ挿れて」とか「おマンコ気持ちいい」などのシンプルな用い方が基本で、修飾卑語がそこそこ添えられているタイプ。また、その修飾卑語のバリエーションは量に対してそこまで富んでいない。そのため、若干エロテキストが代わり映えしなかったように思えるのは賛否両論点。創作卑語など様々な卑語が出てくるのを楽しむ、というよりも、万人受けする卑語を手堅く量マシマシで攻めていった結果、このようなテキストになったと思われる。

 性器呼称以外の卑語は、「ザーメン」「セックス」「中出し」「子宮」「子種」がどのキャラでも多く見られた。特定のキャラに限れば、「アナル」「クリトリス」「タマタマ」の発言もあった。

 

 続いて、キャラ別の性器呼称の登場回数について。

f:id:origin2438:20210504233316p:plain

キャラ画像付けて卑語量多い順で表示するとこんな感じ。

f:id:origin2438:20210505000156p:plain

1位のエルゼ個別シーンでの卑語頻度は果てしなく高くて、すごいものだと1シーンでチンポ80回マンコ71回も言っているところもあった。ヤバい。さすがに9位10位くらいになると物足りないシーンもあったが、最低限の量は確保されていたのでそこまで問題はないし、どちらかと言うと上位陣の発言量がメチャクチャ多いっていう認識でいいと思う。

 

 

環境

 ディスクレス可。

 特に不満なくプレイできた印象。また、ブランド初の射精カウントダウン機能が追加された。ゲームと一緒に出したい!って人には嬉しい追加機能。

 

 

総評

 今までのSQUEEZ・みるくふぁくとりー作品はなんだったんだってくらい、今作の卑語状況は素晴らしい出来となっていた。もともとコンセプトやイラストの良さが目立っていたこともあって、ここにきてこの変化のつけ方とは、感服するばかりである。間違いなく今後の卑語ゲーのトレンドとなる作品になるので、流行りに遅れないうちにプレイしたほうがいいぞ。卑語ゲーのトレンドってなんだよ。

働くオタクの恋愛事情 卑語的感想

本記事は、2017年3月24日に発売された『働くオタクの恋愛事情』のプレイ後感想を、卑語を交えてレビューしたものだよ

ネタバレ要素はできるだけ回避しておいたよ

 

 

 目次

 

 

 

概要

dmm

www.akabeesoft3.com

 

 

イントロダクション

 オタク趣味で繋がったヒロインたちと織りなす萌え抜きゲーで、「オタク」というテーマを活かして、アニメ・ゲーム・声優などのパロディネタや様々なコスプレエッチを楽しむ形式となっている。

 ヒロイン5人との行為はすべていちゃラブセックス。そしてその道中で分岐するサブヒロインたちとは、ラッキースケベ(R18版)のような、男側に都合の良いシチュエーションとなっている。メインヒロインでも言えるが。

 

CG

 原画担当は蒼乃むすび氏。睫毛部分の太さとかが、『カミカゼ☆エクスプローラー!』の御敷仁氏を想起させるような独特なキャラデザであり、割と好き嫌いが別れそうなものとなっている。ただ各HCGでのヒロインの顔や身体のパーツに違和感はなく安定していて、それは立ち絵のないサブヒロインでも同様に良い点。また、HCGの構図で目新しいものはなかった。

 

卑語

 本作の卑語状況は以下の通り。

  • おちんちん……277回
  • おちんぽ……243回
  • ちんぽ……49回
  • おまんこ……194回
  • まんこ……2回
  • 合計……765回 

 エロシーン枠が合計54個あることを考えると卑語は物足りなく思える。ただ、キャラによって卑語頻度に大きく差異があるので、詳しくは下記のキャラ別卑語登場数を参照してほしい。

 また、キャラによって男性器呼称がある程度固定されていて、「おちんぽ」を標準としているキャラは「ちんぽ」「おちんちん」も言うが、「おちんちん」スタンダードなキャラはそれ以外の呼称を全く言わないので注意。

 各性器呼称の割合はコチラ。

f:id:origin2438:20210501214916p:plain

男性器と女性器の比は約3:1で、他作品と比較するとかなり男性器呼称寄りの配分。修飾卑語は「ヘンタイちんぽ」「ケツマンコ」と数えるほどしか無く、ほとんどシンプルな活用である(「おまんこイクっ」をよく見た)。しかし、「おちんぽ、おまんこに入れてぇ♥」のような、ヒロインに対して卑語を使っておねだりするよう求めるシチュエーションはそれなりにあるので、悪いところばかりではないことを付け加えておく。

 

美川亜麻音(CV:榊原ゆい

f:id:origin2438:20210501223322p:plain

  • メインの舞台であるアニソンバーの店員で、オタク趣味を共有できない主人公をそこへ誘った、物語のきっかけを作ったヒロイン。人当たりが良くて愛想がある性格。
  • シーン回想数:8個
  • 卑語なし。本作看板キャラなのに……

 

豊浦実莉(CV:風花ましろ

  • アニソンバーの店長。その地位に反して電波的な性格だが、周りをよく見ていて気配り上手の面もある。
  • シーン回想数:10個
  • 男性器:おちんぽ…49回 ちんぽ…18回 おちんちん…6回
  • 女性器:おまんこ…57回
  • このルートが一番エロテキストの質が高い。

 

柳井あきら(CV:花澤さくら

  • アニソンバーの常連客として初対面する、乙女ゲーのような恋愛を夢見るオフィスレディ。主人公の後ろについてくような性格で、潜在的にマゾ。
  • シーン回想数:9個
  • 男性器:おちんちん…139回
  • 女性器:おまんこ…50回 スケベなメス犬まんこ…1回
  • 「私のおまんこで、赤ちゃんを作る練習してくださいっ」が最エロ

 

田伏璃子(CV:結城ほのか)

  • アニソンバーの常連客で、将来の漫画家の卵。基本クールな性格だが、仕事でうまくいかないことがあると酒で洗い流し泥酔してかわいくなる。
  • シーン回想数:9個
  • 男性器:おちんちん…69回
  • 女性器:おまんこ…18回
  • 1シーンで10数回程度の卑語発言数で、全然稼げていなかった。それも相まって全然印象にない。

 

玖珂七瀬(CV:橘まお

  • 主人公行きつけのオタクショップが入っているモール内のセレクトショップで働く、隠れオタク。性格はザ・橘まおって感じのキャラ。
  • シーン回想数:8個
  • 男性器:おちんぽ…148回 おちんちん…12回 ちんぽ…5回
  • 女性器: おまんこ…31回 ケツマンコ…1回
  • 「おちんぽ」はかなり言ってくれる。唯一アナルセックスがある。

 

サブヒロイン

  • シーン回想数:10個
  • 男性器:おちんちん…51回 おちんぽ…46回 ちんぽ…26回
  • 女性器:おまんこ…38回
  • 1人1枠で全10人。「久しぶりに会った同級生とサシ飲み後に…」、「オンライン上で仲良くしてた子とオフ会後に…」、「耳かき屋で奉仕してもらった後に…」などと、シチュエーションは豊富。

 

 

総評

 オタク趣味とは程遠い仕事に就いていて、プライベートでもその趣味について話せる相手がいないという境遇は、共感できるプレイヤーも多いのでは。そういった人に対しては刺さる部分もあるのではないかと。そして、そのパロディネタを交えた日常会話だけでは内容不足であると見越して、それプラス抜き要素を充実させたのだろうか。そうだとしたらいい試みであると思う。

 ただ、その抜き要素の一つである卑語という点では、量も質も期待を下回る内容だった。「アソコ」や「膣内」「ナカ」という単語が多く見られたので、もう少しその部分を直接的な表現に差し替えた方が、より実用性が高まると思うので、悔いが残るプレイとなった。

 

『彼氏いない歴=年齢』じゃ、どうしてイケナイのよ!? ~聖トレア学園恋愛禁止令~ 卑語的感想

 本記事は、【『彼氏いない歴=年齢』じゃ、どうしてイケナイのよ!?】 をプレイした感想を、卑語状況を絡めて書いたもの。

 

 

目次

 

 

 

概要

dmm

http://hadashi.product.co.jp/kareshi/index.html  (公式サイトリンク)

  • ブランド:裸足少女
  • 発売日:2012年11月22日
  • 価格:7,480円(FANZAダウンロード版)
  • 筋書:間崎俊介/ギハラ/水越ナゴ
  • 原画:INO
  • CV御苑生メイ杉原茉莉蕪木徹子/長原杏子/榎津まお
  • プレイ時間:15時間程度

 

 

プレイした経緯

 同ブランド・裸足少女の『プリンセスハートリンク』をプレイし、卑語量の多さに満足しつつも女性器卑語の少なさが気になった、という過去があった。

裸足少女の他作品もこういった傾向があるのか分析したいと思っていた矢先、中古ショップで本作を安く手に入れたため、この記事では全体の卑語量および男性器卑語と女性器卑語の割合に着目している。

 

 

エロ内容

 シーン回想枠は以下の通り。ただし、ハーレムHにしずねは含まれないことに注意。

  • 久城 瑠璃……10
  • 藍浦一千花……10
  • 成島 亜月……  9
  • 累 りんず……  9
  • 風冬しずね……14
  • ハーレムH……  2
  •  合 計 ……54 

一枠単位の尺は気持ち長めなものの方が多い。これらを考慮すると、販売価格に対するコスパはわりかし高い印象。ボリューム面で不満に思うことはなさそうだ。

 エロのシチュエーションは、本作オリジナルキャラ4人は「罰ゲーム」、そうではないヒロイン風冬しずねは「コスチュームプレイ」が主体となり、そのバリエーションは豊富である。具体的なプレイ内容は「フェラ」「パイズリ」「乳吸い」が多い傾向が見られる。攻め受けの比率は、選択肢によって変化はするが、このゲームのコンセプトも影響してオネショタ・赤ちゃんプレイなど男性受けの印象が強く残っている

 

 

卑語

 本作の総性器呼称登場数の割合がコチラ。

f:id:origin2438:20210427231130p:plain

注目していた女性器呼称の比率に関しては、先述した『プリンセスハートリンク』での20%弱という割合よりは高い数値が出ていて、女性器呼称比率は比較的マシになった

 また性器呼称の中でも「おちんちん」の比重が大きく、『プリンセスハートリンク』での「ちんぽ」主体の卑語状況とは大きく異なるものだった。それも含めて、今作のエロテキストは裸足少女にしては少しヌルいんじゃないか?と感じた。まぁ思わず笑ってしまうような独特なエロテキストが苦手な人には合うかもしれない。

 

 本作の性器呼称登場数一覧は以下の通り。

久城瑠璃(CV:御苑生メイ

  • オチンチン183/オチンポ59/チンポ116/チンチン5/チンポコ3/オチンコ1/チンコ 1
  • オマンコ114/マンコ14
  • 「チンポ専用穴」「淫乱マンコ」「ザーメンホイップ」「キンタマミルク」

藍浦一千花(CV:杉原茉莉

  • オチンチン120/オチンポ7/チンポ166/チンチン1
  • オマンコ100/マンコ27
  • 「極上チンポスイーツ」「マン汁まみれのオマンコ」「ケツマンコ」

成島亜月(CV:蕪木徹子

  • オチンチン217/オチンポ30/チンポ57/チンチン16/チンポコ1
  • オマンコ74/マンコ9
  • 「極太チンポチューブ」「どスケベまんこ」「特設アナルトイレ」

累りんず(CV:長原杏子)

  • オチンチン165/オチンポ64/チンポ13/チンチン27
  • オマンコ91/マンコ4
  • 「デカマラチンポ」「おまんこまっさーじ」「濃厚濃密ザーメン」

風冬しずね(CV:榎津まお

f:id:origin2438:20210428011717p:plain

  • オチンチン197/オチンポ113/チンポ62/チンチン8/チンコ1
  • オマンコ144/マンコ12
  • 「チンポミルクタンク」「襞なしパイまんこ」「マンハメさいこぉっ!」

 上記の通り、キャラによる卑語量の差異は論じるほどではない。卑語的にお気に入りのヒロインは一千花で、「チンポ」「マンコ」の割合が高いのが刺さった。逆に亜月お姉ちゃんは残念な内容で、「おちんちん」の比重を大きくしている張本人である。

 

CG

  ヒロインのスベスベしてそうな肌の塗り爆乳キャラの乳の垂れ具合が特長的で、それらを含めたHCGでのキャラ造形は素晴らしい出来。難点は構図で、竿役の主人公の顔がちょくちょく見えてしまって邪魔に感じた。

 

 

日常シーン

 瑠璃がうるさい。キャラクターの良さを重視するなら、そういった癖が強いキャラばかりなので注意が必要。その中だと、しずねは比較的マトモな姉キャラなので、人気が出るのも頷ける。

あとネタがつまらない。

 

 

総評

  • イラスト ★★★★★★★★☆☆(8 / 10)
  • コスパ  ★★★★★★★☆☆☆(7 / 10)
  • 卑語頻度 ★★★★★★★★★☆(9 / 10)
  • 下品度  ★★★★★★★☆☆☆(7 / 10)

 裸足少女作品なので卑語量は多いが、「おちんちん」比率が高いなどそれほど変態的な衝撃はあまり強く感じられなかった。イラストの良さや多様なシチュエーションは本作の強みとして前面に出せているので、その点に魅力を感じたならプレイの価値あり。

この恋、青春により。 感想

 本記事は、2016年4月28日に発売されたエロゲ、『この恋、青春により。』の感想を記したもの。

 ここでは珍しく、卑語とか関係ない普通のレビューだよ

 

 

 

 

 

 

概要

dmm

www.moresoft-info.jp

  • ブランド:MORE
  • 発売:2016年4月28日
  • 価格:8,800円(FANZAダウンロード版)
  • 筋書:小西翼/日下部浪漫
  • 原画和遥キナ/南浜よりこ/北風つかさ
  • CV:上田朱音/橘まお/ヒマリ/民安ともえ/赤井リア/白月かなめ
  • プレイ時間:16~20時間程度

 

 

シナリオ

 学園青春ストーリーとしては王道的な展開で読みやすいが、ツッコミどころが満載で制作者の意図していないであろう部分で笑ってしまうようなところが多い、クソゲーを楽しむ心を持ち合わせていればやってみても良いであろう出来

 各個別ルートで被っているパートが多いし、物語の大筋に影響しない会話パートも所々に挟まっているため、実質的に各ヒロイン特有の個別シナリオの量は少ない。

それによって、ヒロインの人物像があまり明確になっておらず、他人評でこういう人間だよねと説明されていても、それらを実際に本人が言動で示すような描写がなされていないため、ヒロインに対して親近感・愛着といった念が湧いてこないのは大きな減点となる部分。

 

 

テキスト

 地の文がほとんど無い。それによって、物語が大きく揺れ動いた/今後を左右する重要な局面といった、主人公の胸の内を暴いてほしい場面での心境の変化・感情の機微を補足しきれていない。何でもかんでも説明されるのはそれはそれで野暮ったいが、この作品はそういった描写を放棄している。でもまぁ裏を返せば、会話主体なのは読み易い、その点ではいいのかな。ちなみに、エロシーンではそういった説明がちゃんとある。なんでや。

 

 

構成

 悪いあるパートから別のパートへの切り替えに違和感を覚えるほど雑で、一大イベントを乗り切ったと思ったら唐突にエロシーンが始まることも多々ある。言い換えると、思いついた場面を列挙していって、それら場面同士を円滑に繋ぐパイプ的な小場面を通すことを怠り、結果名場面 (?) の切り取り集となった、とも表現できる。

 

 

キャラクター

 全体的にメインヒロインのインパクトが弱い。先述の通り、キャラクターの個性を表現するような場面の描写がないことが起因している。恋愛アドベンチャーゲームとして、こういったヒロインの魅力を引き出されていない傾向なのはかなり致命的。そういった面では本作の真のヒロインである京子はまだ良く描かれているのが救いか。ただ、京子と同じ野球部マネージャーであり彼女の対抗ポジションに属している千春を含めて、他3人のメインヒロインが京子のオマケのように見えてしまった。

 上記以外の攻略対象ヒロインである南・静香は、更に影が薄い。まぁこの2人はあくまで後にアップデートパッチで追加された個別ルートにて始めて攻略ができるので、本当の意味でのオマケヒロインであり、こんなもんかと納得できる。

 サブキャラであるクラスメイトの男たちは、おおむねアツくて良いヤツらで、出番もそこそこある。特に斗真は、胸に熱い想いを秘めながらもお茶目な面も見せる、個人的に好きな男キャラ。

 

 

CG

 原画担当は和遥キナと南浜よりこの2人。エロゲ原画の中でも1, 2を争うくらい南浜よりこのイラストが大好きな自分としては、本作も期待通りの仕上がりであった。彼女が担当した別作品にもあった鉛筆画のようなタッチのCGは今作にも存在しており、エンディングテーマと一緒に流して儚げな雰囲気を演出していた。

 

 

演出

 同社作品『ゴールデンアワー』と同じく、挿入歌の使い方に光るものがあった。また、京子ルートEDで専用CGを流したのは、余韻に浸れる良い演出。これがあるから評価下げづらいんだよなぁ

 

 

 この作品の生命線。この部分が特筆して良いからこそ、自分はMORE系統の作品をプレイし続けた。

オープニング『I will …』は、学園生活での爽やかさと切なさが同居し、青春のあらゆる側面を表現できていた。

挿入歌・エンディング『Missing』は、各ヒロイン(特に京子)の素直になり切きれず他人を優先してしまう想いをメロディに乗せた、本作の1番の評価点である。挿入歌・京子ルートのEDとして用いるのは良いが、欲を言えば他ヒロインルートのEDとしては使ってほしくなかった(乱用してほしくない意)。代案としては、ここは『I will …』をEDとして採用しても良かったかもしれない。

 

 

野球

 閑話休題

 本作の物語の展開を左右するという意味ではある程度影響のあるサブテーマ・野球。まぁあくまでメインテーマはヒロインとの恋愛関係なので、予想通りツッコミどころのある箇所が多々ある。もはや、そこら辺にいろいろ求めるのはナンセンス、というのが持論。野球よく知らない人にとってはそこまで気にならないだろうし。

 ただこれは、

f:id:origin2438:20210421145747p:plain

大声で球種とコース公表してるみたいで笑ったので晒しておく。

 以下、球技大会のAチームのスタメンについて。

  1. 右翼 鈴木=元オリックスMLBイチロー
  2. 二塁 西=元横浜・読売の仁志敏久
  3. 中翼 北野拓海
  4. 捕手 野村=元南海の故・野村克也
  5. 投手 武下勝也
  6. 三塁 長嶋=元読売の長嶋茂雄
  7. 一塁 バース=元阪神のR・バース
  8. 左翼 佐藤=元西武・千葉のG.G.佐藤 or 元西武の佐藤友亮
  9. 遊撃 宮本=元ヤクルトの宮本慎也

がモチーフと予想。死ぬほどどうでもいい。

 

 

エロ

 南浜よりこ原画担当ヒロインのHCGは素晴らしい。彼女が担当した別作品にもある、1人称後背位や1人称シックスナインみたいな、他ではあまり見られない視点での構図が、性欲を掻き立てる出来となっている。

 お察しの通り、卑語はまったく無い。悲しいけど、MORE系統の非抜きゲーには期待できないので、予想の範囲内ではあった。

 

 

総評

 原画と楽曲という、MORE作品の本来の強みは健在。シナリオなど非抜きエロゲの根幹となる部分に関しては低い評価を与えざるを得ないが、馬鹿真面目にツッコミどころを設ける穴だらけのものをシュールな笑いと捉えてプレイするならば楽しめると思う。クソゲーの粗を見つけることに快感を見いだせる変態にオススメ。

過去にやったエロゲの卑語状況を振り返る記事⑤

origin2439.hateblo.jp

前回の記事はコチラ。本記事で今回の振り返りシリーズは最後。

 

 

 

 

 

プリンセスハートリンク ~剣姫たちの艶舞~

dmm

http://hadashi.product.co.jp/princess_heart_link/ (公式サイト)

  • エロシーン回想枠:52個(シーリス12美織12ロゼ9まひろ10葉桜7複数P2)
  • 卑語総数:2033回(「チンポ」50.27%、「おちんちん」28.09%、「おまんこ」18.20%、「おちんぽ」2.41%、他「ちんちん」「まんこ」)
  • 卑語修正:無
  • 卑語頻度★★★★★★★★★9 / 10)
  • ヒロイン担当声優葵時緒/こはる凪/唯香/綾音まこ/ひむろゆり

 まず最初は、裸足少女の昨年の最新作『プリンセスハートリンク』の紹介から。

 裸足少女の作品と言えば、ムチムチボディの年上ヒロイン、エロテキストの卑語濃度の高さ、チンカス描写といった、独自路線をいった作風を昔から継承し続けているブランドで、それらの強みは本作でもいかんなく発揮されている。ちなみに、チンカス描写が苦手な人は、パッチにてオンオフを切り替える機能を追加してあるんで適用を。

 卑語は従来の裸足少女作品と同様に多く、さらに、あまり聞きなじみのない修飾卑語や「ザーメン」「キンタマ」「ヌキ穴」「子作りセックス」などの性器名称以外の卑語も充実。もはやエロシーンでのヒロインの台詞に卑語以外の言葉はないんじゃないかってくらい密度が高い。しかし、卑語のバリエーションが豊富であることの代償に、いろいろやりすぎてギャグになってる感も大いにある。個人的には、笑わせてもらったからまだマシだが、卑語多いけど枯れるほど抜くって程でもない感じ。また、「ちんぽ」が高い割合を占めている代わりに、女性器卑語が平均を1割超を下回っていて少ないのが気になった。

 ひたすらヒロインがエロいことを言うのに興奮する性癖なら、この作品もそうだし、裸足少女の作品の大体はオススメできる。自分これしかやってないから他のはわからんけど

 

 

JKおむchu♥

f:id:origin2438:20210419145347j:plain

a1c.jp

  • エロシーン回想枠:20個(栞菜17芽衣2ハーレム1)
  • 卑語総数:163回(「ちんぽ」52.15%、「おちんちん」18.40%、「おまんこ」28.83%)
  • 卑語修正:無
  • 卑語頻度★★☆☆☆☆☆☆☆☆2 / 10)
  • ヒロイン担当声優:宝生すず羽/唯香

  Grand Cruから、『JKおむchu♥』の紹介。

 とある日、JKの実娘が自分の寝ている目の前でこっそりオムツを穿いておしっこプレイをしているところを襲って関係を持つことになる、というストーリー。ヒロインの実娘は父親である主人公に対して冷たく、序盤のエロシーンは嫌がっている様子であるように描写されているが、後半では堕ちきってアレになってる。

 卑語は後半の少ないシーンで徐々に増えていくパターンで、全体的には頻度低めとなってしまっている。ただ、前半のヒロインの過度にツンツンした感じから、後半の「パパチンポ」発言の多さへ変化していくギャップを楽しむのであれば悪くないゲームかもしれない。あと、メインヒロイン声優のファンならよりアリになるかも。名義に関しては検索してね

 

 

俺が聞かされた妻の寝取られ告白 ~ねえあなた、わたし今……とっても幸せよ~

f:id:origin2438:20210419145525j:plain

binbin1919.com

  • エロシーン回想枠:17個
  • 卑語総数:180回(「おちんぽ」57.78%、「おまんこ」30.00%、「まんこ」6.11%、他「ちんぽ」「おちんちん」)
  • 卑語修正:無
  • 卑語頻度★★★☆☆☆☆☆☆☆3 / 10)
  • ヒロイン担当声優:河村蜜華

 次は、SUKARADOGから『俺が聞かされた妻の寝取られ告白』。

 ヒロインの田山ミナトは、人柄は良いが夜の営みに関しては物足りない旦那のことに、少なからず不満を持っていた。そんな旦那と行った温泉旅行の宿泊先で出会ったマッサージ師と、とあるきっかけで体を重ね、彼のテクニックによって女の喜びを知ってしまう、という寝取られモノによくある導入。パッケージの裏に記載されていた「淫語実況セックス」という単語に惹かれてプレイ。

 結果、頻度は低いものの言っている卑語の内容はかなり質が良い。具体的には、「極太おちんぽ」や「人妻おまんこ」「淫乱マンコ」「ケツマンコ」「生搾りザーメンミルク」などの卑語発言があり、純粋な抜きゲーとしての卑語ハードルをクリアはしている。ただ、「淫語実況セックス」という1つの謳い文句に魅力を感じ購入した身としては、少々物足りなさを拭いきれないのも事実。

 寝取られ感が薄いので、その道の人は不満を持つだろうが、逆に言えば苦手な人でもおそらく問題なくプレイできるであろう作品。

 

 

Honey*Honey*Honey!

dmm

ouchijikan-game.com

  • エロシーン回想枠:18個(6個×3人)
  • 卑語総数:883回(「おちんちん」57.30%、「おまんこ」42.36%、「まんこ」0.34%)
  • 卑語修正:無
  • 卑語頻度★★★★★★☆☆☆☆6 / 10)
  • ヒロイン担当声優:嶋田ツユリ/麦芽ぷりん/南十字いっせい

 最後は、新規ブランド・おうちじかんより、『Honey*Honey*Honey!』の紹介。

origin2439.hateblo.jp

 既に感想投稿済み。詳しくは上のリンク先で。

 卑語については、性器名称以外の卑語は少ないが、「おちんちん」「おまんこ」の出てくる頻度はかなり高いタイプに分類される。また、「おちんちん」と「おまんこ」の比率が半々に近い、女性器呼称にも手を抜かない良作。台詞の下品度には多少欠けるが、抜きゲーっぽくないキャラデザとのギャップを楽しむ分にはそこまで問題にならない。

 卑語以外にも良いところがあるので是非やってみてほしい、個人的激アツ作品。ステマではない。

 

 

 

というわけで、計24作品の概要・卑語状況を相対的に比較してきた。

 

おわり

 

過去にやったエロゲの卑語状況を振り返る記事④

origin2439.hateblo.jp

前回の記事はコチラ。

 

 

 

 

 

Gカップシスターズ! ~妹だらけの搾乳学園祭~

dmm

www.lune-soft.jp

  • エロシーン回想枠:78個(ひまり19結月18澪18美姫12ハーレム11)
  • 卑語総数:1436回(「おちんぽ」44.22%、「おまんこ」28.69%、「おちんちん」22.28%、「ちんぽ」2.86%、「まんこ」1.74%、他「ちんちん」「おちんこ」)
  • 卑語修正:無
  • 卑語頻度★★★★☆☆☆☆☆☆4 / 10)
  • ヒロイン担当声優姫川あいり/木多野あり/早瀬ゃょぃ御苑生メイ

 マリンより、『Gカップシスターズ!』の紹介。マリンの得意分野である巨乳ものに、さらに妹・母乳要素を付け加えた純粋な抜きゲー。パイズリ多め、複数プレイもかなりの数用意されている。また、ルネ系列のブランドの作品のため、卑語を赤字表示+卑語が出てくるテキストでスキップ停止、という特徴的なシステムも組み込まれている。

 卑語の量は多め。その中でも「おちんぽ」の比率がかなり高めで、どのキャラも30%以上は「おちんぽ」で占めていた。キャラ別にみていくと、三女の澪(紫髪、CV:早瀬ゃょぃ)が最も頻度が高く、序盤から卑語発言に抵抗がなかった印象。その一方で頻度はそこまで高くなく、先述の卑語でスキップ停止機能を使用していた際も、そこまで頻繁に止まった感じはしなかった。

 あと個人的な嗜好だが、「おっぱいマンコ」が17回あったのは評価すべき点。おっぱい卑語好きは買ってみてもいいかも。

 

 

ぱいずり♥フィアンセ 「坊ちゃま、今日はどのおっぱいを召し上がりますか?」

dmm

www.lune-soft.jp

  • エロシーン回想枠:63個(ローラ13リゼ11イリーネ11マリア11アネット9ハーレム8)
  • 卑語総数:260回(「ちんぽ」70.77%、「おちんちん」25.38%、「おまんこ」2.69%、「まんこ」1.15%)
  • 卑語修正:無
  • 卑語頻度☆☆☆☆☆☆☆☆☆1 / 10)
  • ヒロイン担当声優:星空ユメ/新山ゆうき/唯香/あかしゆき/片倉ひな

 続いてマリンより、『ぱいずり♥フィアンセ』の紹介。

origin2439.hateblo.jp

既に紹介しているので、詳細はそちらで。

 抜きゲーにあるまじき卑語の少なさ。そのうえ5人中2人は卑語言わない派。それ以外も、卑語を「おちんちん」しか言わないキャラ、「チンポ」のみのキャラがいたりと、もはや救いようのない惨状である。酷すぎて乾いた笑いが出た。

 

 

俺の彼女がガチ変態すぎる

f:id:origin2438:20210417210042j:plain

studiomomoka.net

  • エロシーン回想枠:38個(マナ15かなで12みお11)
  • 卑語総数:190回(「ちんぽ」61.05%、「おまんこ」23.68%、「まんこ」15.26%)
  • 卑語修正:無
  • 卑語頻度★★☆☆☆☆☆☆☆☆2 / 10)
  • ヒロイン担当声優:結城ほのか/杏花/こはる凪

 スタジオ桃華より『俺の彼女がガチ変態すぎる』を紹介。

 ストーリーとしては、特殊な性癖を持っている4人がいる部活に主人公が入って、その4人とその性癖を満たしていく感じである。その彼女らの性癖は、茶髪のお姉さん(CV:結城ほのか)はドM、白髪のお嬢様(CV:杏花)は逆にドS、黒髪ツインテの優等生(CV:こはる凪)は露出癖+撮影プレイ、といった設定である。プレイ内容については、アナルセックスが多かった印象が強い。尻穴好きは特に満足できる作品かも

 卑語に関しては、頻度は高くなかったが、「ちんぽ」「まんこ」が多めだったり、「カリ高チンポ」「ケツマンコ」「肉バイブ」などの修飾卑語の充実、と下品な内容のものが多かった。キャラ別に話すと、茶髪は1番の淫乱、白髪は卑語薄、黒髪は淡々とした卑語発言、といったイメージ。

 ミドルプライス帯の作品にしては全体のボリュームも少ないうえにエロシーンも短めなのは気になったが、特定の趣向の人には刺さっているかな?という感じ。

 

 

こいなか -小田舎で初恋×中出しセクシャルライフ-

dmm

www.e-rondo.jp

  • エロシーン回想枠:シーン回想44個+ハーレム1個+フリー開発モード(65個分?)
  • 卑語総数:1840回
  • 卑語修正:無
  • 卑語頻度★★★★★★★★★9 / 10)
  • ヒロイン担当声優:比羅いずみ/蒼依ハル/西乃ころね/白月かなめ/早瀬ゃょぃ

 eRONDOより、『こいなか』の紹介。

 卑語界隈ではその名を知らない者はいないくらいメジャーな作品で、攻略対象ヒロインの1人である野々原みお(パッケージ右から2番目の子、CV:蒼依ハル)の卑語り具合はもはや伝説として、発売から7年が経とうとしている今でも語り継がれている。

 とにかくエロの充実度が非常に高い。その要因としては、メインヒロインの2人には「フリー開発モード」というコンテンツが設けられており、「キス」「おっぱい」「おま〇こ」「指/足舐め」「フェラ舐め/咥え」「パイズリ」「A(アナル)開発」「挿入」「イメージプレイ(舞のみ)」「拘束(舞のみ)」「視姦(みおのみ)」「露出プレイ(みおのみ)」といった数々のプレイ内容を、2~4種類の開発段階別に楽しむことができる、驚異のボリュームとバリエーションである。

 卑語については、舞とサブヒロイン3人の頻度はそこまで高くないが、先述の野々原みおがやりすぎなくらい卑語る。その卑語りっぷりもかなり局所的で、まだ開発しきれていない序盤などの場面だと恥ずかしがって言わないが、開発が進み切った終盤ではありえんくらい言う。

f:id:origin2438:20210418002143j:plain

これは主人公に言わされているところを撮影されている状況。この前後でもいろんな言い方の「おまんこ」が体験できる。このような連呼する台詞の多さにより、このゲームの卑語の65%あまりは野々原みおによるものである。また、1枠だけあるハーレムシーンでは、みおだけでなく他のキャラの卑語もかなりあった。

 とりあえず、卑語連呼好きには『こいなか』をプレイすることをオススメする。そうではない卑語ラーも、迷ったらやっとけ。

 

 

 

こいのす☆イチャコライズ

dmm

www.e-rondo.jp

  • エロシーン回想枠:94個(追加DLC含まず)
  • 卑語総数:1323回(「おちんぽ」24.79%、「おまんこ」34.85%、「おちんちん」16.86%、「ちんぽ」15.87%、「まんこ」7.03%)
  • 卑語修正:無
  • 卑語頻度★★★★★★★☆☆☆7 / 10)
  • ヒロイン担当声優:歩サラ/蒼依ハル/栖崎あんず

 またもeRONDOより、『こいのす☆イチャコライズ』の紹介。

 前作よりもキャラゲー・萌えゲーのテイストが強く、エロとうまく両立している作品なので、どちらかというと万人受けするタイプかな。前作では薄かったイチャラブ要素を色濃く出しており、ヒロインとの同棲生活の日常を楽しむこともできる作品に仕上がっている。また、前作のフリー調教モードが排除、その枠に「秘めくり」というとある日のヒロインとの日常を描いたプレイ後のお楽しみコンテンツに取って替えられていることからも、キャラゲー色を濃くしようとした狙いが見られる。

 共通ルートが存在せず、ルートによって別のシナリオライターが書いている本作。したがって、卑語の内容もキャラによって異なったものになっている。その中で目立った卑語状況だったのが、ピンク髪の従兄妹・深町サチ(CV:蒼依ハル)である。前作のみおと同じCV+同じシナリオライターなので、卑語の連呼具合だとかおしっこ属性持ちなところとかはその時とかなり似ている。他2人は、量こそサチに大きく負け越してはいるが、それぞれの持ち味は出せていて悪くない(黒髪はザーメン呼びの多さ、茶髪はおちんぽ応援歌の良さ)

 よって、こいなかと同様に、とりあえずやっとけ枠に属する卑語ゲーである。

 

 

以上、本記事でも5作品を紹介した。

次で本シリーズは最後。美少女万華鏡クラスの頻度のものは出てくるのか?

 

次回へ続く……